カウンセリングメニュー|拒食

拒食|摂食に関する問題

ある種の空虚感を抱き、親や恋人、主人に依存的に!

拒食イメージ

主として未婚の思春期、青年期の女性が多いが、既婚女性や成年男子にも見られます。

ある種の空虚感を抱き、親や恋人、主人に依存的となり、他者に対する愛情欲求が「すべてか無か」という二者択一を選択しやすく、やがて抑うつ的になり、万事にこだわる脅迫的傾向が強くなります。
生命にも危険があり、飢餓栄養失調状態無月経脱毛歯の障害手足の冷たさ産毛の密生等の症状があらわれるも、本人はあまり危機感を持たないようです。(一人で来ることはまれで、大概は親、又は彼との同伴として来ることが多い)
肥満恐怖をもっており、初期の段階では自分の身体を痩せさせていくことが出来るという満足感、達成感に陶酔して高揚した気分になりますが、やがて空虚感を抱いていきます。

過食の詳細はこちら