体験者の声|その2

体験者の声:自己催眠をご希望のI氏の場合

以下の内容は、体験者の方の承諾を得て、掲載させていただいております。

セラピストからの一言

自己催眠をご希望のI氏

営業マンをしているI氏は、「催眠で、営業成績がもっと上るようになりませんか?」という相談をメールを送ってこられ、その後に通われていた方です。

カウンセリングの中で私は、「人を説得する場合、理性語ではなく、感情語で話すことを心がけてください」とアドバイスしました。
人は理屈で説得しようとすると、反発します。
感情に訴えると、人は案外簡単に話を聞き入れてくれることが多いものです。

物を売る場合では、まず、話の中に和やかな人間関係を作り上げなければ、売れる物も売れないものなのです。
I氏は、初対面の人と話す場合、どうしても緊張してしまうそうです。
そのため、長く話すのが苦手になり、早急にYesかNoかを迫ってしまうそうです。

さて、カウンセリングの後、催眠誘導に入りましたが、I氏は軽催眠(運動能力のコントロール)までは入るのですが、それ以上、なかなか催眠が深まりません。
日を改めて、再度挑戦することにしました。
その後、4回程の誘導で、ようやく中程度の催眠まで深めることができました。

トランス状態の中で、初対面の人とでも楽しく会話している場面や、売り込みの成功した時の喜びのイメージを植え付けました。
また、自己催眠も条件付け(語催眠)して、簡単なキーワードで、トランス状態に入れることを暗示しました。
これで、I氏は大変な武器を手にしたことになります。
なにせ、自己暗示で“自分で自分の思うように人格改造をする”技術を手に入れたのですから。


クライアントからの一言

先生、ありがとうございます!
おかげさまで、人前で全然あがらず、明るい性格になれたと自分でも思っています。

自己催眠も、いろんな面(タバコの吸い過ぎを抑えたり)で利用しています。
こんなすごい療法があるなんて、本当に驚いています。

私も勉強すれば、「他者催眠」もできるようになるのでしょうか?
今度は、他者催眠を習いにお伺いします。