体験者の声|その5

体験者の声:禁酒で相談に来られたK氏の場合

以下の内容は、体験者の方の承諾を得て、掲載させていただいております。

セラピストからの一言

禁酒で相談に来られたK氏

K氏は、実のところ私の後輩です。
K君は、お酒を飲み始めると深酒してしまいます。
そのため、翌朝起きることができず、大遅刻や欠勤することもあるくらいで、酒の上での大失敗エピソードは数多くあります。

私のアドバイスで[禁酒]をすることになりましたが、K君は「お酒をまったく止めてしまうのは寂しい」と強く主張するので、“2杯以上の酒を飲めない”という難しい注文でした。

彼は、普段から私の催眠実験にたびたび協力してもらっているので、催眠に慣れています。
ほんの数分で、深いトランス状態に導入できます。
私は彼に“2杯まではお酒をおいしく飲むことがでますが、3杯目からは胸がむかむかしてきて、まずくて飲めなくなる。”と暗示を繰り返し、覚醒しました。
その夜、一緒に飲みに行きましたが、K君は見事「3杯以上飲めません。
グラスに口を近づけると、気持ち悪くなる...」とぼやいていました。(お気の毒、K君)
その後、禁酒を定着するため、3回程催眠を繰り返しましたが、今ではすっかり定着しています。


クライアントからの一言

私は、先輩に顔を合わせるたび、催眠にかけられています。
今では、肩をポンと叩かれるだけで、歩けなくなるほど。
意識ははっきりしているのに、どうしても歩けません。
本当に、催眠って不思議だと思います。

お酒を2杯までは飲むことができるんですけど、3杯目からはまずくて、気持ち悪くて飲めません...これではお酒を飲んだ気がしません!
元に戻してください、先輩~!!