体験者の声|その6

体験者の声:どもりで悩まれていたY氏の場合

以下の内容は、体験者の方の承諾を得て、掲載させていただいております。

セラピストからの一言

どもりで悩まれていたY氏

Y氏は、「どもり」が気になり、相談に来られました。
小学校・中学校と、どもりのためいじめにあったり、恥ずかしい思いをして、人嫌いになってしまったとのことでした。
仕事も、あまり人と話さないでもできる建築関係を選んだそうです。

私は、中程度の催眠に誘導後、初対面の人ともあがらずにゆっくり言葉を噛み締めて、楽しく談話をしているイメージを、繰り返し繰り返し暗示しました。

今、7回目のセッションを終らせたところですが、話し方は少しスローモーションですが、どもらずに話せるようになりました。
もう少しのがんばりですよ、Yさん!


クライアントからの一言

僕は、本当は毎日でも催眠してもらいたいのですが、先生の都合で週に一回しか通えません。
夜、先生の手の空いたときに、もっと頻繁にかけてもらいたいです。
でも、だんだんどもらない自信もついてきました。